社会人で心理学の論文を読みたい… そんなときは「国立国会図書館複写サービス」 

 心理学の論文を読みたい..

 大学で心理学を学んできて、卒業した元学生や、退学した僕のような人は、このような壁にぶち当たる。

 無料で検索できる論文ならいいけれど、医中誌や大学の OPAC でしか閲覧できない論文はどうすればいいのだろう。

 学生という身分があれば、それにアクセスできる権利は学費に含まれていて、大学のパソコンやアカウントからダウンロードできる。しかし、大学を卒業、または退学し、そのようなサービスを利用できなくなった人はどうすればいいのだろう。

 そんなとき、「国立国会図書館の複写(有料)」を利用する。

お遊び伝授

1. どうしても読みたい論文

 大学院を退学し、地域おこし協力隊を目指す僕は、「心理学に関する企画」を立案している。

 そこでぶち当たるのが、未だ心理学の企画の効用を伝える自分の説明力のなさである。心理職でも、他の職種に自分の技能を伝える難しさを実感しているというが、心理学を用いた企画でも似たような悩みに直面している。

 そこで、僕は実証的な論文を紹介することで、企画の実現可能性をアピールしたいと考えた。NHKオンデマンドで企画に使えそうな研究が紹介されていたから、その論文をインターネットで検索する。

 すると、 「インターネットでは無料で見れない」論文であった。何かしらのサイトに登録すれば見れるけれど、外国語のサイトに登録するのも怖い、、、と、国立国会図書館の複写サービスを知る。

2. アカウントを作る

 まず、国立国会図書館は「遠隔複写サービス」というものをしていて、読みたい論文の原本をコピーして、その紙を送ってくれる。

 そこで、国立国会図書館のホームページにアクセスして、アカウントを作る。登録には「本登録」と「簡易登録」があり、めんどくさがりな僕は簡易登録で遠隔複写を申し込む。

 そこで氏名や住所などを登録して、アカウントを作成。ログインして、読みたい論文を申し込むという流れだ。

 一度申し込むと、少し確認の時間があって、確認が終わると複写が発送される。僕の場合はできたけれど、確認があるということは、遠隔複写ができない書物もあるかもしれないから、そこは一度申し込んでみなければわからない。

 そして、「発送」のおしらせがメールに届き、無事、東北の離れた地へ論文が到着した。料金は一個の論文の複写を申し込んで、600円くらい。支払いは、後払いになっていて、論文が入っている封筒に支払い票が入っている。そのため、それを持ってコンビニにいけば支払いできる。

3. おまけ

 このように、学校をやめても、読みたい書物にたどり着けるサービスは素晴らしい。今後も、独学で研究は進めていくし、それをまとめて発表したいとも考えている。

 今回、僕が読みたかった論文は、精神科医である本田先生の論文で、発達障害の研究をしている方だ。NHKオンデマンドの中のコンテンツで紹介されていて、「この研究、読まずにはいられない!」と思って、衝動的に申し込んだ結果、非常に面白い研究を読むことができた。

お遊びメンターの小説

投稿者:

お遊びメンター

将来カウンセラー・心理研究者を目指している学生です。これから心理学を学びたい,現在学んでいる方などに役立つような情報を発信していきたいです。または、日々の生活の中で見つけた気づきも書いていきます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です